入院した時の食事代


入院した時の食事代

入院したときの食事代は、医療費とは別に、下記の標準負担額(食事療養標準負担額)を負担します。また、65歳以上で療養病床に入院するときは、食費・居住費(生活療養標準負担額)を負担することになります。

 

【食事負担額】

70歳未満の方

区分

1食あたり負担額

市民税課税世帯

1食460円

市民税非課税世帯

過去12ヶ月で90日までの入院

・・・1食210円

過去12ヶ月で90日を超える入院

・・・1食160円

70歳以上の方

区分

1食あたり負担額

市民税課税世帯

1食460円

市民税非課税世帯

低所得U

過去12ヶ月で90日までの入院

・・・1食210円

過去12ヶ月で90日を超える入院

・・・1食160円

市民税非課税世帯

低所得T

1食100円

低所得IIとは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が市民税非課税の人にあたります。
低所得 I とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が市民税非課税でかつ各種収入から必要経費・控除(年金収入は80万円)を差し引いた所得が0円となる世帯の人にあたります。
※過去12か月は、申請手続きの日の前日の属する月を含め過去12か月間となります。
※指定難病の患者又は小児慢性特定疾病患者については、1食260円になります。

※住民税非課税世帯の方が「限度額適用認定証 (医療費の窓口負担軽減)」を申請すると、「標準負担額減額認定証 (入院時食事代の減額)」を併せた「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付されます。

療養病床に入院したときの食費・居住費

療養病床(医療型)に入院する人は、医療費とは別に、食費・居住費の標準負担額(生活療養標準負担額)を負担します。
ただし、入院医療の必要性の高い状態が継続する人および回復期リハビリテーション病棟に入院している人等については、入院時食事代の標準負担額相当の負担となります。なお、平成20年4月から、これまで70歳以上の人が負担することとされていた食費・居住費の対象年齢が65歳に引き下げられます。

 

【療養病床入院時の食費・居住費の標準負担額】

65歳以上70歳未満

 

食費

区分

食費標準負担額

市民税課税世帯

1食 460円(※420円)

市民税非課税世帯

1食 210円

※医療機関によっては420円となります。

居住費

区分

標準負担額

標準負担額

(H29/10月〜)

標準負担額

(H30/4月〜)

65歳以上

(以下に該当する人を除く)

1日 320円

1日 370円

1日 370円

厚生労働大臣の定める人

(難病患者を除く)

1日 0円

1日 200円

1日 370円

難病患者

1日 0円

1日 0円

1日 0円

70歳以上の人

 

食費

区分

食費標準負担額

市民税課税世帯

1食 460円(※420円)

市民税非課税世帯

低所得U

1食 210円

市民税非課税世帯

低所得T

1食 130円

※医療機関によっては420円となります。

居住費

区分

標準負担額

標準負担額

(H29/10月〜)

標準負担額

(H30/4月〜)

65歳以上

(以下に該当する人を除く)

1日 320円

1日 370円

1日 370円

厚生労働大臣の定める人

(難病患者を除く)

1日 0円

1日 200円

1日 370円

難病患者

1日 0円

1日 0円

1日 0円

 

 

暮らしの情報一覧へ戻る

トップページへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 在宅介護スタートガイド 北九州市介護福祉事業所 求人:職場トライアル