小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは、「訪問」「通い」「泊まり」の3つの機能を組み合わせて提供する介護保険サービスで、自宅と施設の中間的役割を担います。24時間365日体制で同一事業所内のスタッフがサービスを提供します。そのため「家族に急用ができたので通所のあとにそのまま宿泊する」「顔馴染みのスタッフが訪問でも通所でも対応する」など、臨機応変なサービスが提供できます。

小倉北区)落ち着いた空間で、穏やかな時間を過ごしませんか