生活福祉資金貸付制度


生活福祉資金貸付制度

障害のある人がいる世帯に対して、資金の貸付けと必要な援助指導を行うことにより、その経済的自立と生活意欲の助長促進を図り、安定した生活を送れるよう支援することを目的とした貸付制度です。

対象者

障害のある人がいる世帯(ただし、原則市町村民税が非課税程度の世帯)

福祉資金の種類及び貸付条件

@福祉費

日常生活を送る上で、又は自立生活に資するために一時的に必要であると見込まれる費用

資金の種類

貸付限度額 利率(年) 据置期間 償還期間
生業を営むために必要な経費 460万円以内

▼保証人あり

無利子

 

 

▼保証人無し

1.5%

貸付日から

6ヶ月以内

20年以内

技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費

技能を習得する期間が

6月程度 130万円以内

1年程度 220万円以内

2年程度 400万円以内

3年以内 580万円以内

8年以内

住宅の増改築、補修等の経費及び公営住宅譲り受けに必要な経費 250万円以内

7年以内

福祉用具等の購入に必要な経費 170万円以内 8年以内
障害者用自動車の購入に必要な経費 250万円以内 8年以内
負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費

療養期間が1年未満

170万円以内

療養期間が1年を超え1年6月以内

230万円以内

5年以内
介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費

受ける期間が1年未満

170万円以内

受ける期間が1年を超え1年6月以内

230万円以内

5年以内

災害を受けたことにより臨時に必要となる経費 150万円以内 7年以内
冠婚葬祭に必要な経費 50万円以内 3年以内
住居の移転費等、給排水設備等の設置に必要な経費 50万円以内 3年以内
就職、技能習得等の支度に必要な経費 50万円以内 3年以内
その他日常生活上一時的に必要な経費 50万円以内 3年以内

 

A緊急小口資金

次の理由により、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用

資金の種類

貸付限度額

利率(年)

据置期間

償還期間

医療費又は介護費の支払等によって臨時の生活費が必要なとき

10万円以内

無利子

貸付日から

2ヶ月以内

12ヶ月以内

給与等の盗難によって生活費が必要なとき
火災等被災よって生活費が必要なとき
その他、これらと同等のやむを得ない事由によるとき

※上記の他にも貸付要件や必要書類があります。
※貸付には審査があります。申請が受理されたことが、貸付決定したということではありませんのでご注意ください。
※返済を延滞した場合には、年5.0%の延滞利子が発生します。

問い合わせ

【上記内容によるお問い合わせ先】

名称

北九州市社会福祉協議会 生活福祉資金相談コーナー

相談受付時間

9:00〜12:00、13:00〜16:30
土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く

TEL

093-882-4405

 

 

障害者サービス一覧へ戻る

トップページへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 在宅介護スタートガイド 北九州市介護福祉事業所 掲載申し込み